読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほほんほわほわ

植物擬人化小説『ラベンダーさん』が読めます

第2話 〈ドコドコさん〉襲来


 わたしはラヴァーレ。聖霊よ。この森でミンテとふたりで暮らしているわ。ああ、ミンテっていうのは、わたしのお姉さん。頼りがいのある、強くて美しい聖霊よ。わたしの育て親でもあり、親友のようにも感じるわ

 

 

 森には破砕の音が響き渡っていた。
 小さな木がいくつも折れては倒れていき、地面は鈍く揺れている。

 鳥たちが悲鳴の声をあげて飛んでいくと、茂みの奥から、大きな大きな獣が姿を現した。
「バォオオオオオオオ」
 巨体から繰り出される凄まじい咆哮は、聞くものを恐怖に慄かせ、委縮させた。口から覗かせる凶悪な牙と、全てをなぎ倒さんとする残酷な爪にかかれば、たとえどんな生き物であろうと、ひとたまりもないだろう。
 しかし獣はその爪牙を使うことはなく、四本の足をただ前に、走ることのみに使っていた。獣の王と言ってもいい立派な風格の持ち主は、その目に怯えた色を浮かべている。
「ばおおおお」
 再び森にこだまする声。だが、今度のものは、先程のものに比べるとずいぶんとおとなしく、可愛らしいものであった。
 紫色の髪を宙に流しながら、颯爽と駆け抜けるひとりの少女がいた。
「待てクマおらァ!」ダッと勢いづけて飛ぶと少女は、一気に距離を詰め、熊の背中に飛び乗った。
 がふっがふっ、と苦しそうに暴れる熊は、巨大な爪を必死に振りまわすが、背中の少女には届かない。縦に横にと巨体を振り乱し暴れても、少女のほうも、ゴワゴワと硬い毛をギュッとつかんで、離さない。
 そうこうやっているうちにやがて熊は力尽きたのか、急に動きが緩慢になり、そしてゆっくりと崩れ落ちていった。
 ドッスンと音を立て横たわった熊。しかしその体に、傷らしきものは見当たらなかった。
「よっしゃァああああああ」
 天に向かって腕を突き出し、勝利の雄たけびを叫ぶ少女は、大歓喜といった様子ではしゃぎまわった。
 けらけらと笑いながら熊の頭をポンポン叩くと、今度は牙をじっと見て、ちょいと触る。ぬらりと指につくヨダレに、「うわぁ」と顔を歪めたり、尻尾を握ってみたりして、お腹に腹パン入れてみたりもした。
 その後、いろいろやって気が済んだのか少女は、がっはっはっはァと笑いながら去っていった。
 少女がいなくなった森には、平穏が訪れる。後に残るのは、折れた草木やえぐれた地面。
そして。

 ――幸せそうに寝息を立てる、熊だけであった


*:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o?


 あー、楽しかったなぁ。まだ興奮で手が震えているわ。だってだって、わたしったら、わたしったら……――クマを倒したのよ、すごいわ! これは早く帰って、自慢しなきゃいけないわ。

 自分の胸が、誇らしいものでいっぱいになるのを感じると少女は、気分よくスキップしていた。
 途中で拾った小枝をブンブン振り回し、ハミングしながら歩いていると、森の匂いとはまた別の、美味しそうな料理の匂いが鼻をくすぐった。我慢できなくなって走り出すと、少女の住む家はすぐに見えてきた。
 木ばかりの森の中にぽつんと佇む家は、丸みを帯びた草ぶきの屋根に、石造りで出来ているため、森と調和したような美しさがあった。家の周りの雑草は刈りこんであり、木も切り取られていて、整然とした庭が広がっている。
 少女はデコボコに盛り上がった段差を、転ばないように注意して何度か乗り越えると、家の庭に入った。
 すると、美味しそうな匂いがまたいっそう強くなった。
「ただいまー」
「あら。お帰りなさい、ラヴァーレ」奥のキッチンでなべを煮込んでいた少女が、ラヴァーレを振り返る。
「ねえ聞いて、ミンテ。わたしね、クマぶっ倒したのよ」と自慢気に、うれしそうに話すラヴァーレ。
 その言葉を聞いて「あら~すごいわね~」と微笑んだミンテだったが、やがてなべをかき混ぜていた手がピタっと止まった。
「え……ェえ? 何やってるのよラヴァーレ、それ、たぶん森の神様の眷属よ! ってゆーか、倒したって何!?」驚いて訊ねると、ラヴァーレは顔を赤くしてよろこんでいた。
「キャーー、じゃあ、わたしってけっこうすごいの?」
「すごくない――いや、すごいことはすごいけど……」
 両手を上げてよろこぶラヴァーレに、もうひとりの少女、ミンテはやれやれと苦笑していた。

 ――この小さな怪獣女子は、一体誰に似てしまったのか

 昔、この森でラヴァーレを見つけた時のことは、今でも鮮明に覚えている。

 当時の私は、精霊として休むことなく働いていた。
 生きる意味が分からず迷う人間に道を示したり、人間に虐げられた植物たち、動物たちを慰めたり、自然の繁栄にその魂を捧げ、奔走していた。もちろん生死(魂)をかけたバトルをする時だってあった。肉体を持たない分、持って生きている者たちと比べると、活動できる時間や範囲は彼らの比ではないし、何より、精霊として世界の成長に貢献できる充実感といったらそれはもう、素晴らしいものがあった。
 姿が見えなくてもちゃんと感謝する人間もいるし、彼らが喜ぶ姿を見ていると、こちらまでつい、嬉しくなる。神と人、人と自然。その架け橋としての使命には、胸いっぱいの誇らしささえ感じていた。
 だが同時に、肩にかかる重圧は、段々と私の魂をすり潰し、疲弊させていった。
 そこでしばらくの間、休暇を取ることにしたのだ。
 生まれ故郷の森へと帰り、葉っぱを伸ばし、美味しい空気を吸う。森の生み出す新鮮で豊かなエネルギーに触れた私の心は、たちまち元気を取り戻していった。
 そしてある朝のこと。
 森を散歩していた私は、遠くに人影のようなものを見て、不審に思った。なぜならこの森は、人間以外の生き物のための聖域だからだ。
 人間は決して入れないはず。だが、もし何かの間違いで迷い込んでしまったのなら。
大問題だと思い、急いで様子を見に行く。するとそこには――

――あまりの美しさに、息を呑みこんでしまった

 そこには、朝日を衣のように身にまとい佇む、ひとりの少女の姿があった。
 霞がかった朝の空気は、陽の光をキラキラと反射させ、少女を眩く輝かせている。淡い紫色の長髪はかなり乱れていたが、その様子がかえって憂いさを際立たせ、まるで、戦場に降臨した月の女神のようだった。

 ――これほど美しいものは、今まで見たことがない

 時間を忘れてどれほど見入っていただろうか。神殿に置かれた像さながらに、まるで動かなかったので、私もついずっと、見ていてしまった。彼女の髪がそよいだのを見て、はっと我に返る。
 離れていた時は分からなかったが、ここまで近づけば分かる。彼女が放つ匂い、それは、人間のものではない。弱々しいが、確かに精霊の匂いだ。
「ねえあなた、そこで何をしているの?」話しかけてみたが、無反応。あれ、聞こえなかったかな? もう一回。「ねえ、何をしているの?」と話しかけてみたけれど、やはり反応はなし。ええい、三度目の正直よ。今度は、声をもっと大きくして言ってみる。「こんにちは! 私はミンテ! あなたはだあれ?」
 空気が振動で揺れ、口から出た声がブレて自分の耳に届くのを感じてもなお、少女は石のように動かなかった。
 私は精霊よ。ちょっと無視されたくらいで、別に怒らないわよ。きっと何かの間違いだわ。そう。だから、今度はもっと、大きな声で叫んでみた。が。
 ちくしょう! 下に見やがって、この私を一体誰だと思っているの!? 『征服の草』の名で広く知られる、ミンテ様とは私のことよ。あの冥府の王、ハーデスからだってナンパされたんだから! にもかかわらず、私の呼びかけに応じないとはイイ度胸だわ。いいわ、いいでしょう、ええ。誰にケンカを売っているのか、思い知らせてあげましょう。

 それで肩を叩いた瞬間――

 あれは死ぬかと思ったわ。私の友達にマンドレイクっていう、とても悲鳴が上手な子がいるんだけど、あの時のラヴァーレの声を聞いたら、きっと、ビックリするわ。あまりの才能に弟子に欲しいとか言うかもしれない。……あげないケド。

「ねえミンテ。ご飯、まだ?」
 気付くと袖を引っ張っているラヴァーレに、慌ててミンテは答える。
「――あ、うん、あとちょっとね」
 ラヴァーレは、そっかぁ、とにっこり笑うとテーブルの椅子に腰かけ、ミンテの後ろ姿を見た。
 自分と同じ背丈の女の子。でも本当は、わたしよりもずぅうっと年上。薄く緑がかったブロンドでウェーブの髪がすごくキュートで、エレガントって言ったらいいのかなぁ。とにかく面倒見が良くて、とてもステキなお姉さんよ。頭に被ってるミントで編まれた冠も、すばらしいほどよく似合ってて、見てるだけで癒される。はぁ、幸せだわ。クマも倒したし。

「はい、でき上がったわよ」とミンテに言われ、ラヴァーレはテーブルの上に並んだ料理に、よだれを押さえる。
 レバノンスギで作られた茶色いテーブルには、同じ材木のお皿や杯が並んでいた。
 オリーブが入った香ばしい小麦色のパンに、ヤギのミルク。大きな器には、タマネギとニンニク、ひよこ豆、イチジクなどを煮込んだシチューがある。できたての熱いシチューからは、コリアンダーやクミンの風味がただよってきて、ラヴァーレのお腹はぐうと鳴った。
「ねえミンテ、この、真っ黒いものは何?」
 ラヴァーレが指をさしたものは、杯に入った飲み物だ。しかし、黒々としていてなんだか禍々しい。香りもかなり独特で、ラヴァーレは毒じゃないかと疑った。
「それね、友人にもらった豆とレシピで、作ってみたのよ」
「これ、失敗じゃない?」
「そうかも。でも、これが正解だったら、おもしろいわよね」
「友達の嫌がらせじゃないことを、祈るわ」
 ラヴァーレはお行儀よく居住まいを正すと、いただきます、と料理を食べ始めた。ミンテの作る料理は最高よ。ほんっとうに、どれもおいしいんだから。ヤギのミルク、いいわ。パン、うまい。シチュー、グレート。シチューにつけたパン、エクセレント。そして……。
食べ終わった皿の背後に控える、ブラックモンスターに目をやる。
「……」
「どうかした?」
「いや別に」
 ラヴァーレは、ミンテがお残しにうるさいことをよく知っていた。精霊だから別に栄養なんか気にしなくっても、太陽の光と空気、あと水さえあればやっていける。でもそれを言えば、「そういう問題じゃない。作ってくれた者に対する、感謝の気持ちが大事なの」と強く反論するに決まっている。
 ……一応、最終確認をしよう。
「ミンテ、これは……ちゃんとした飲み物なのよね?」
「そうよ。レシピ通りにちゃんと作ったから大丈夫」 
「じゃあ、ミンテから飲んでみてよ」
 ミンテは澄ました顔で美味しく飲み始めた。その様子を見て、ラヴァーレも安心して手を伸ばす。しかし口に含んだ瞬間、「ぶはっ」と吐き出した。

 ――ゲホッゲホッ、なんだこれ、クソマズい。ミンテはどうしてあんなに、おいしそうにこれが飲めるの!?

「ラヴァーレ! 大丈夫? 口に合わなかった?」驚いた目でミンテがラヴァーレを見る。
「――は、はぁ、ミンテ、これは好みとか、そういう問題じゃないわ。これは、これは、悪魔の飲み物よ!!」体をぶるぶると震わせて息を荒くするラヴァーレに、ミンテは怪訝な目を向けた。
「私には美味しく感じられたけど」
「ごめん。これ以上は、ムリ」

*:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o?

 食事の後、モンスターの体液ですっかり汚れてしまった服を着がえると、わたしは家を飛び出した。
「行ってきまーす」
「夕暮れまでには帰ってくるのよ」
 はーいと返事をして、森の中へ冒険に行く。
 さてさて……と。さっきまで口の中で暴れていたモンスターの毒も、お口直しにミンテがくれたミントの葉で、今はさっぱりだ。午後はどこへ行こうかな。
 辺りをきょろきょろ見まわしていると、家に入る前に捨てた小枝が目に入った。それを拾って、占ってみる。
 小枝をまっすぐ地面に突き立てると、わたしはおもしろがって、ミンテの真似をしてみた。
「わが『せいふくの草』の名において命じる。しるべを示せ」……だっけ? ま、いっか。つかんでいた手を放すと、呪文でほのかに光を帯びた小枝はトッと倒れた。その方角はたしか……
 森の中をしばらく歩いていくと、ちょっとした小さな丘の上に来た。わたしとミンテがはじめて出会った場所だ。
 前にも何度か来たことがあったけど、ここはなんだか落ち着くなぁ。陽当たりは良くてぽかぽかするし、遠くから聞こえてくる滝の音が涼しげで、癒される。りっちじょうけんが整ってるって言うのかしら。そう、きっと、りっちじょうけんがすごいパワーを持っている場所なんだわ。
 適当にぶらぶらさんぽしていると、森と大地の匂いとは別に、すてきな香りが鼻をかすめた。
 爽やかで、月光みたいに清らかな淑女のよい香り。
 香りの先には、紫色の花があった。長細い茎の先には小さい花がいくつも咲いていて、白いチョウも、心地よさそうに周りを飛んでいる。
「こんにちは、元気ですか」しゃがんで話しかけてみる。
 返事が聞こえるわけではないけど、風で花が揺れたのを見て、わたしも花が咲くように笑った。
 このお花がわたしはとっても大好き。
 ミンテが言うには、このお花たちはわたしの影響を受けているらしい。むずかしい話だったから、よく覚えてないんだけど、わたしが元気であればあるほど、このお花たちも元気になるんだって。がんばろう、おー。

 ふとラヴァーレが花から視線をそらすと、遠くからこちらをうかがう者がいることに気が付いた。木の影と同化するように立っていたので、一体それが何であるのか、よく分からない。
 ラヴァーレは、もっとよく目を凝らして見た。

 ……ヒト? 

 どうやらそれは、黒々とした外套を身にまとっているということが分かったが、問題はその顔だった。世界中の全ての悲しみを一ヵ所に詰め込んだような、重たい外套とは裏腹に、顔は真っ白だった。
 その白い色の正体が何であるかに気付くと、ゾゾッとした虫のような悪寒が、ラヴァーレの背筋を抜けていく。

 ――それは、顔の肌が全く見えないほどに巻かれた、包帯だった

 なに……あれ

 体が急に寒くなるのを感じる。頭の中で誰かが叫んでる。逃げろ! って。
 思った時には走っていた。ヤバい、あれは、出会ってはいけない類のものだ。悪魔、疫病、ブラックモンスター、そんものとは次元がちがう!
 あれは、きっと――〈ドコドコさん〉だ。頭に〈ドコドコさん〉に関する記憶がよみがえる。

 ――ある日の夜のことだった。寝る前にラヴァーレは、ミンテにお話をねだっていた。
「じゃあラヴァーレ、次のうち、どんなお話がいい? ひとつめは『私を愛した男たち』、ふたつめは『黄金のリンゴ伝説』、三つめは『ドコドコさん』よ。ちなみに私の一押しは、『私を愛した男たち』。さあどれ!」
「どこどこさぁあああん」
「……」
「ねえ、どこどこさん」
 どっこどっこさっん~がいっいのー、とラヴァーレがベッドの上で飛び跳ねるので、ミンテは仕方なく、〈ドコドコさん〉の話をすることにした。はぁ。
「じゃあ、話すわよ」
「はーい」

 むかしむかしあるところに、とても正義感の強い若者がいました。まじめではたらき者だった彼は、ある日なかまたちと共に、世界を救うための冒険に出発したのです。しかしその冒険は、辛く、苦しく、かこくなものでした。おなかが空いても、食べ物を食べられないときもありました。それでも、がんばり続けてがんばり続けて、とにかくがんばった末、いくたあまたの試練を無事、乗りこえることができた若者たち一行。とうとう彼らは、この世界を破壊しようとする、悪いバケモノの王さまの城へたどりつきます。

「その王さまが、〈どこどこさん〉なの?」
「それはね、最後まで聞いてみてのお楽しみよ」

 若者たちとバケモノの王さまは、何日も何日も戦います。雨の日も、風の日も、雪の日だって、休むことはなく戦い続けます。――そして。若者は、とうとう気づいてしまったのです。自分の周りには、すでになかまたちのすがたはなく、バケモノの王さまにも勝てないことに、気づいてしまったのです。王さまは言いました。「人間は弱い生き物だ。おまえがわたしに勝つことは、絶対にない」、と。若者は泣きました。それはもうくやしくてくやしくて、今までの努力がぜんぶ否定されたようで、けっきょく、何に生まれたのかが大事なんだと、じだんだを踏みました。王さまは、彼にとどめを刺すために近づくと、言います。「何か言い残すことはあるか」。もうダメかと思った若者の頭に、むかし、おばあさんが言ってくれた言葉が出てきました。「いいかい、弱いということはね、無限の可能性を秘めているんだよ。まだ進化を残しているから、弱いんだよ」。するとどうでしょう、若者の体が、とつぜん光り出したではありませんか。「魔王ォ! おれは、進化するぞォ!」。そう叫び終わったとき、すでに若者のすがたは、どこにも見当たりませんでした。いなくなった若者の代わりにそこにいたのは、大きくて黒い、台形のような形に、ぼんやりと光る目のついた、恐ろしいバケモノでした。バケモノは一瞬のうちに王さまを倒しました。しかし、世界に平和が訪れることは、ありませんでした。なぜなら、王さまがいなくなったあと、バケモノが世界中をさまよっていたからです。バケモノは、会う人会う人に、こうたずねます。「ココドコ、ドコドコ?」、と。そして、人々が正しい地名を言えないと、ニヤッと笑い、血のように真っ赤な大きな口を、あんぐりと開けて食べてしまいます。運よく地名を言えれば、食べられずにすみますが、言えなかった場合は、食べられてしまいます。どんなに一生けんめい逃げても、恐ろしく速いスピードで追いかけてきます。ココドコ――。

「もうやめてェ!」
 ラヴァーレは目に涙を浮かべてミンテの胸ぐらをつかみ、バカバカと訴えたが、ミンテは大笑いだった。
「ちょ、やめ、アハハハハ」
「なんで、途中までいい話だったじゃない! 急展開すぎるわ」
「アッハハハハハ」
「ねる前になんて話してくれたのよ、怖くてねむれないじゃない!」
「でも、選んだのはラヴァーレよ。だから私は言ったのよ、『私を愛した男たち』がオススメよ、って」
「そんな怖い話だって知ってたら、選んでなかった。もうねむれない」
「大丈夫よ、私がいるから」
「ミンテなんて、きらいよ」

 ――まちがいない、あれは、〈ドコドコさん〉だ。
 わたしは身のすくむ体を懸命に動かし、とにかく走った。
 はぁ、ぁ、は、どうして〈ドコドコさん〉がこの森にいるのかは分からない。でも、今はそんなこと、どうだっていい。問題はわたしが、この森の名前を知らないっていうことよ。精霊の森ってずっと呼んできたけど、それが正式な地名かどうか分からない以上、逃げるしかない! 彼の目的は一体なんなの? 
 なんで、なんで。
 とにかく早くミンテに知らせなきゃ。もしもの場合は、わたしが。

*:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o? *:..。o?

 平和な森に突如巻き起こった異変。そんなことはつゆ知らず、ミンテはリビングで友達に送る文香を書いていた。
 するといきなりドアがバンと、盛大な音を立てて開いた。驚いて喉から変な息が漏れる。
 戸口にはラヴァーレが、苦しそうに膝に手をついて、荒い息を吐いていた。
「ラヴァーレ、何があったの?」ラヴァーレの様子に何かただならぬものを感じて問いかけるが、「――ぅ、ござん、ばっ」とラヴァーレは喉が息で詰まって、うまく答えられない。「落ち着いて、ゆっくり、ゆっくり息を吸うのよ」と背中をなでるが、ラヴァーレは肩を震わせるばかりで、必死に何かを伝えようとしていた。「ん、ンテ、はっ――逃げて、ど、〈ドコドコさん〉が、来た」
 その言葉に、ミンテは怪訝な顔をした。

 ――〈ドコドコさん〉?

 急に影ができて視界が暗くなったので、恐る恐るラヴァーレが振り返ると――それはいた。
 180センチはありそうな身長は、少女の目から見れば巨人と変わらなかった。冥界の空気のような重たい外套を着こみ、フードから覗かせる包帯で真っ白い顔は、キレイではあるものの、それが余計に恐ろしくてたまらない。体からただよってくる排他的なまでに清潔な匂いが、ラヴァーレに死を連想させた。
 ラヴァーレは、体全身が恐怖でこわばるのを感じたが、彼女は……。
 彼女は、なんとかなけなしの勇気を振りしぼると、ゆっくりゆっくりと近づいてくる〈ドコドコさん〉から、ミンテを守るために、両手を広げて立ちはだかった。
「こ、ここ、は、精霊の森、よ。だから、帰って、ください、〈ドコドコさん〉」
 〈ドコドコさん〉の顔の包帯が笑うように揺れ、彼はゆるやかに手を上げる。その瞬間は、ラヴァーレにとっては、永遠にも等しく感じられた。
 〈ドコドコさん〉の手が、ゆっくりゆっくりと近づいてくる。胃は強く締めつけられ、心臓が、自分だけでも体から逃げだそうとドクドクドクドク暴れている。服がヌッタリと肌に張りついて気持ち悪い。視界が涙でブレる。死を覚悟してラヴァーレがぎゅっと目をつむった時。
 ふわりと、頭をなでる感触があった。
「ミルラだ」
 と、包帯の下から、低くくぐもった声が聞こえる。
「あら、先輩じゃん」
 ラヴァーレの肩からひょいと顔を出したミンテは、場にそぐわない実にマイペースな声で、そう言うのだった。
「久しぶりィ!」と声をかけ、先輩と呼んだ人物を抱きしめた時には、ミンテの姿は大人の女性になっていた。