読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほほんほわほわ

植物擬人化小説『ラベンダーさん』が読めます

第1輪 ラベンダーさんとオレンジくん1

ラベンダーさんと黄金のリンゴⅠ サンタの国


『黄金のリンゴ』はいいよな。
きっと女にモテまくりなんだろうぜ

     ――オレンジ

 

人ごみあふれる街の中――笑い声やお店の売りこみに混じって

 

かすかにすすり泣くような、声にもならない音がありました。

 

「おねえさん、どうして泣いてるの」

 

一瞬ビクッと震えたあと、そっと顔を上げると

 

そこには太陽のように明るい小年がいました。

 

ぽけっとした顔でたたずんでいると、少年は手を握り、やさしく笑いました。

 

「おねえさんがそんなだと、オレまで悲しくなっちゃうよ。

 

ほら、笑ってるほうがずっとかわいいよ? 元気だして!」

 

少年の手から伝わってくる不思議なあたたかさが胸に染みこみ

 

どろどろとした何かを溶かしていくようでした。

 

何が起こったのか理解しようとした時には、少年の手はもう離れていました。

 

「それじゃ、もう行くね」

 

バイバーイと手を振り去っていく少年に

 

ハッとした女性はあわてて声をしぼり出します。

 

すると、少年は足を止め、振り返って言いました。

 

「オレンジ・スイート」


*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ


「うっわキモッ!」

 

ゲラゲラと笑う少女に、太陽のように顔を真っ赤にしたオレンジは

こぶしを震わせていた。かんべんしてくれ。

 

さかのぼること数分前――

 

 

年季の入った木の香りがする一室で、オレは横になっていた。

 

今日みたいなカラッとした空気は大好きだ。とてもすごしやすい。

 

窓から差しこむ陽の光も歌っているようで、とても心地いい。

 

もう11月だってのにフランスらしい、いい日だ。

 

ついこないだ世界大戦が起こったり

 

先月ニューヨークのウォール街で株価大暴落があったり

 

これから世界恐慌が始まるなんて思えないよな。

 

気持ちよくまどろんできたところでドタバタと

 

階段を駆け上がってくる下品な音が聞こえてきた。

 

オレは相手が誰だかわかっていた。

 

――寝かせてくれよ。いや、もう無視して寝よう

 

チャダッと勢いよくドアが開かれ、数瞬。

 

どうやらそのまま動きを止めたらしい。

 

よし、そのまま帰ってくれ。オレが泥になった意識で思っていると。

 

「オレンジ・スイート」バッと振り返りポーズを決めた少女は、

 

ゲラゲラと笑い出したのだった。

 

深淵の底へ落ちかけていた意識が一瞬でかくせいする。

 

ふがっ、と情けなくのどを鳴らしてゲホゲホむせていると

 

オレのことを蔑む目で見下ろしてくる少女が目に入った。

 

「こっれ恥ずっ、これはないわ!」

 

腕をわさわさとさすりながら顔を赤らめている少女は、すごく楽しそうだった。

 

バカにされているオレとしては、シャクに触ることこの上ないが。

「な、なぜ知ってる!?」
そう問いかけると、少女はすずしげに「見てたから」と返した。

 

「そうじゃなくて、今日はドヌーヴのばあさんに
精油を届けるんじゃなかったか?」

 

「用事で出かけてるって小鳥たちが言ってたから、明日いく」

 

それで暇になって街を歩いていたら、オレさまがいたので後をつけていたらしい。

 

「ストーカーだぞ!」言い返すと

 

あわい紫色の髪の小娘は、やれやれとシニカルな笑みを浮かべた。

 

「昼間っから女ナンパしてるやつが、よく言うわ」

 

「あれはパトロール! 人々を助けるのが精霊の仕事だろ!」

 

「オレンジ・スイート」少女はバッとポーズを決めた。

「そのポーズやめろ」
「うっわキモッ! アハハハハ! これヤバいんだけど!」

 

(一応、オレさまの名誉のために言っておくが、小娘はかなり誇張して
ポーズを決めている。そんなよれよれのポテトみたいなポーズはしていない。
あのときオレは、ゴッホが描いた7番目の【ひまわり】のように、
どこか憂いをただよわせながらも情熱的で気品のあるポーズを取っていた。
まあ、はたから見れば少々こっけいだったかもしれない)

 

――っ、っ、っ、この! この野郎! この野郎この野郎この野郎!!

 

頭に血がのぼっているオレの様子を見てひとしきり笑うと

 

少女は満足したのか、呼吸を整え始める。

 

これで開放されると安心したオレは、しかし次の少女の言葉に
目を見開くのだった。

 

「ふん、パトロールなんて物は言いようね。ガトフォセにチクッてやるわ」

 

言うが早いか部屋から飛び出していく少女。

 

慌てて手を伸ばすが少女には届かず、オレは空まわって態勢を崩してしまった。

 

一階から「あはははは」という笑い声が聞こえ、必死で態勢を立て直す。

 

「おい待て、ラベンダァァァァァ!」

 

叫びながら急いで階段を駆け下り、なんとか追いついて捕まえようとしたが

 

あと1歩のところでラベンダーは、柱の影に身を隠した。

 

柱をへだてて対面したふたり。

 

オレは汗だくだくと息を切らしていたが、
ラベンダーのほうは澄ました顔でクスクスと笑っていた。

 

「ずいぶんとお疲れみたいね」
「〈ダレカさん〉のおかげでな!」

 

(〈ダレカさん〉というのは、OBAKEの一種。
世界中で起こる、ありとあらゆるできごとに関わっているらしい。
なんでもウワサによると美人だとか。もし会えたらナンパしてみようと思う)

 

右へ顔を出せば左へ、左へ顔を出せば右へ移動するラベンダー。

 

なかなかすばしっこくて捕まらない。

 

疲れているせいもあるだろうが、
全力で動いているのにこうも捕まえられない自分は
ふがいないのだろうか。

 

そう考えていると、突然ラベンダーの動きが止まった。

 

余裕たっぷりの顔から察するに、疲れたからというわけではなさそうだ。

 

「オレンジ・スイート」バッ
「やめろォ!」

 

――しかもさっきとポーズがちげえじゃねえか! 
そんなヒーローの必殺技みてえなポーズしてねえよ!

 

そうつっこんでいると、頭にゴンと衝撃が走った。

 

「がっあ!?」

 

「何をしてるんだふたりとも」

 

見上げると、ハゲたおっさんがいた。