読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほほんほわほわ

植物擬人化小説『ラベンダーさん』が読めます

ベイダー卿はやっぱりカッコよかった!

スターウォーズのローグワンを観たよ!

去年エピソード7が公開したばかりなのに、まさかもう公開とは……。

スターウォーズのエピソード7以降はベイダー卿は出ないのかなぁ。

アニメ版のスターウォーズで、エピソード1でオビワンに体を切断された

ダースモールが生きてて、しかも兄弟と一緒に出てきたからビックリ!!

だからもしかしたらベイダー様も出てきたらいいな、なんて淡い期待を

抱いている私。でも可能性は低いだろうなぁ。

新しい映画に出ないから今回、エピソード3と4の間の物語である

ローグワンでダースベイダーが出たんだろうし。

 

「次は息切れなど起こさぬよう、気をつけることだな長官」

 

野心をむき出しに、自分の功績を皇帝に報告するようベイダー卿に申し入れる

クレニック長官。

 

私は思ったよ。

バカヤロウ! せっかくベイダー様が去ろうとしているのに

なんちゅうこと言うんだ!

そこの下に落とされんぞ!

ほら、立ち止まっちゃったじゃねえか!

 

しかしベイダー様は静止している。

ふと自分のノドに違和感を感じたクレニック長官。

どうも息ができなくなり、膝をついてしまう。

そしてベイダー様は振り返り、言ったのだ。

「次は息切れなど起こさぬよう、気をつけることだな長官」

 

カッコイイ!!

 

今回は反乱軍と帝国の戦いなので、残念ながらジェダイのライトセイバー

をヴゥンヴゥン振り回すシーンは見られなかった。しかし!

 

ベイダー様の魅力が爆発的に織り込まれているので、

(ボリュームは少ないけど)

全世界のベイダーファンには、ぜひとも観て頂きたい。

 

ありきたりな言葉だけれど、よかったよ!

 

映画の最後、デススターの設計図を奪い返すために

戦艦に乗り込んだベイダー様……。

 

フォースグリップで天井に乗組員を押しつけたり、

武器をすべてフォースで取り上げて無力化した挙句、容赦なくライトセイバーで

切断してゆく。

 

アニー……。

 

あの狭い通路の中で、動かなくなった自動扉を背後に迫りくるベイダー卿は

すごい恐怖ですよ。

 

どんまい乗組員……。

 

それにしてもターキン総督とレイア姫の再現がすごかった。

あれは演じている人は別の人なんだけど、顔をすり替えているんだって。

当時ターキン総督、レイア姫を演じていた人も、まさかこの2016年に、

スターウォーズでターキン総督、レイア姫が出てくるとは思うまい。

映画の技術も日進月歩ですな。

100年後の映画はどんなものになっているんだろう?

すごい気になるけど、生きていないな~。

 

スターウォーズのエピソード4,5,6のリメイクが

公開されてたりして!!

それは生きているうちに観たいな!!

私が還暦を迎える頃には、ぜひ!